へなちょこ写真館

iino.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:滝 渓流( 145 )


2018年 10月 30日

大白川

久しぶりに土曜日が休みになった。
冷たい雨が降っていたけど、入広瀬に向かう。
大白川に行くと結構いい紅葉だ。

f0083292_21280451.jpg
雨は土砂降り。





f0083292_21300864.jpg
ムジナ沢。




f0083292_21312205.jpg
白崩沢。





f0083292_21352812.jpg





f0083292_21354427.jpg
標高604mのタチガラ岩。
濡れてビッショリ。オリは濡れても大丈夫だけど、人間は弱いね。





[PR]

by henatyokooyazi | 2018-10-30 21:42 | 滝 渓流
2018年 10月 14日

おしらじの滝

テレビで放映されてから、急に人気が出た滝のようです。(関東方面)

駐車場に着くと、タミルは丁度滝を見て帰って来た方に詳しく道の様子を聞いて見に行くことを決めました。
わずか10分の距離ですが、両股関節を人工のものになっているタミルには大問題なのです。 
下手な転び方をすると脱臼してしまい、手術が必要になってしまいます。

雨の後で滝も流れているし、葉っぱも滝壺には無く、良い条件ですよ、と教えてもらいました。

f0083292_16542440.jpg
透明度が高く、良い色をしていました。
雲が多くなり暗めです。
ISOを上げ、早いシャッタースピードを確保しました。

良い場所を教えて頂いたakira_flymanさん。ありがとう御座いました。


[PR]

by henatyokooyazi | 2018-10-14 17:00 | 滝 渓流
2018年 10月 11日

スッカン沢



f0083292_21300286.jpg

面白い名前が付いた沢だと思った。山スキーでご一緒した方からスッカン沢良いですよと聞いたのは何年前だったろうか。
調べてみると、カルデラ跡から流れ出るが火山の鉱物や炭酸成分を含んでいて、辛くて飲めないので、すっからい沢がなまってスッカン沢になったという。
また、その成分のため、青く見えるところからスッカンブルーと言われているとのこと。

実際の水は透き通っておらず少し白濁していた。
試しに少し飲んでみたけど、そんなに辛くはなかった。

上の写真は、仁三郎の滝。滝を発見した人の名前が付けられているようです。

f0083292_21455046.jpg
遊歩道から仁三郎の滝の滝壺付近に降りてみると水が豊富で、色々な場所から落ちています。


f0083292_21454052.jpg



f0083292_21454659.jpg


すぐ下流に雄飛の滝がありますが、光が当たっておらず,光芒は見られません。
f0083292_21460279.jpg
雄飛の滝。



f0083292_21455996.jpg
タミルが車で待っているというので、早めに切り上げました。バスツアーのコースにもなっていてビックリしました。






[PR]

by henatyokooyazi | 2018-10-11 21:52 | 滝 渓流
2018年 09月 01日

雑魚川

雑魚川を歩こうに参加してきました。
私以外の方は、もう何回も参加されている方々でした。
車一台を満水滝近くにデポして、大滝(おおぜん)駐車場へ移動。
大滝への道の途中から沢を降りて、大滝上流に出た。

f0083292_19384128.jpg
ドボンする可能性が高いので、防水コンデジと防水スマホで撮影しました。




f0083292_19440565.jpg
大滝の落ち口。ギリギリまで近寄れない。






f0083292_19455021.jpg








f0083292_19461767.jpg


f0083292_19475995.jpg








f0083292_19490071.jpg







f0083292_19491897.jpg







f0083292_19495298.jpg

この辺一帯はグリーンタフといわれている。日本語では、緑色凝灰岩(りょくしょくぎょうかいがん)。









三段の滝の上部でお昼を食べ、ハモニカ滝へ。



f0083292_19513024.jpg
幅30mくらいでしょうか。川幅いっぱいに落ちています。

遊歩道にいったん上がり満水川へ行きました。




f0083292_19585757.jpg
F1の満水滝。滝のすぐ上は502号線の橋が架かっています。
この上流にF4まで有りますが、今日はここまで。 
誰かF4まで行く人いないかな。
スタッフの方、参加の皆様お世話になりました。










 

[PR]

by henatyokooyazi | 2018-09-01 20:09 | 滝 渓流
2018年 08月 19日

恵みの森 布沢川大滝沢

暑い時はやっぱり沢が良い。
2時間半かけて只見町の恵みの森。
八十里越えが開通すると1時間以上短縮出来るのかな。
あと5年後とか言っているけど、まあ楽しみにしていますよ国定さん。


f0083292_10282135.jpg
雨が降らないので水量少な目。

ガイドツアーの方達に追いついた。
今年はアブが多いとガイドさん。この日はそんなにいなくて良かった。

f0083292_10322277.jpg






f0083292_10324363.jpg
入渓から1kmほどで中の滝に到着するも水量が少なくて写真にならない。
この辺から一枚岩のナメが続く。

f0083292_10361307.jpg





f0083292_10362161.jpg








f0083292_10363668.jpg

2kmほどで中の滝。こちらも水量が少なく写真にならない。
中の滝を越え魚止めの滝を目指したけど、暑さのせいで体調不良。
変な汗が出ているので引き返すことにした。


f0083292_10400308.jpg
先ほど追い越したガイドツアーの方達とすれ違った。
秋も良いですよ、とガイドさん。
ブナの広がった森の紅葉も見てみたいな。どうも来る時期を間違ったみたいだ。








[PR]

by henatyokooyazi | 2018-08-19 10:48 | 滝 渓流
2018年 07月 25日

滑川大滝

暑い日が続いていて、熱を大量に排出するパソコンの電源も入れたくありません。
そんなわけで、アップが遅れています。

7月16日に光生写真館さんと山形の滑川大滝に行ってきました。

米沢から滑川温泉への道を行くと気温が23度と下がってきました。
温泉手前に車を置き、まず前川を徒渉して標高998mまで登ります。
ここから大滝沢まで下り、さらに10分ほど沢を歩くと滝の前に出ます。

f0083292_21281492.jpg
落差80m、幅50mの巨大な滝で日本の滝100選に入っています。






f0083292_21302048.jpg










f0083292_21303208.jpg
巨大な壁をサラサラと流れ落ちる姿は見飽きません。











f0083292_21314776.jpg








f0083292_21321258.jpg
二人で交代で滝の中へ。写真は光生さん。思ったより水は冷たくありません。





f0083292_21510510.jpg
岩が赤いのは、水に鉄分が含まれているため。舐めてみると、さびの味がします。










f0083292_21425928.jpg













f0083292_21345979.jpg
気がつくと、あんぐりと口を開け、滝を見上げていました。
結局3時間も滝の前で過ごしました。心地いい場所なんですねー。

帰り道、沢の様子も写しながら帰路に着きました。








f0083292_21380510.jpg












f0083292_21381826.jpg
すっかり汗をかいたので、滑川温泉に入りました。露天風呂は前川を望む場所にあります。500円

     













[PR]

by henatyokooyazi | 2018-07-25 21:43 | 滝 渓流
2018年 07月 05日

砂川不動滝

赤城山南面の赤城川にかかる滝。落差20m。
鹿が出迎えてくれました。

f0083292_20433585.jpg
入渓場所が藪だったので、タミルは車で待機しました。

上流に人家があるせいか、ゴミやペットボトルがあって少し残念な気がしましたが、滝自体は素晴らしと思います。
滝を示す標識など全く無くて、ひっそりと落ちていました。






f0083292_20471278.jpg




f0083292_20475255.jpg
沢に目をやると、青空が写っていました。




f0083292_20511534.jpg

モンベルの濡れた岩場でもグリップが良いラバーソールの沢靴をアウトレット品で購入し、試しに履いてみました。
ゴロゴロとした岩のある場所でしたが、グリップは良いようです。




f0083292_21081984.jpg
砂川大滝の場所から帰るときにトラックを取ったので、スタートとゴールが反対になっています。














[PR]

by henatyokooyazi | 2018-07-05 20:56 | 滝 渓流
2018年 06月 24日

大猿の滝

乙女滝から300m程上流にある滝で、踏み跡は不明瞭で、おまけにガスが濃くなってきました。
えぬさんが先行しているので、後を追うように沢の中を進みました。
f0083292_20201163.jpg
久しぶりの沢歩きに、テンションが上がっていました。
ガスの中から大猿の滝がぼーっと浮かび上がる様に見えると更にアップ。
我々が到着すると、えぬさんは入れ替わるように下って行かれました。

f0083292_20260603.jpg
岩石層と粘土層が積み重なっているような岩壁は珍しいと思います。海底で蓄積?




f0083292_20294351.jpg
写真中央の左側の岩にボルトが2本打ってありました。
こんな場所には必要なく、多分ガイドツアーで、安全確保の為と思われます。
ボルト手前の左岸には、ロープが2本下がっていて、ここも必要を感じません。
この後持参したお昼を食べ、棚下不動滝を目指しました。




[PR]

by henatyokooyazi | 2018-06-24 20:40 | 滝 渓流
2018年 06月 21日

乙女滝


前橋市の大猿川にかかる滝。落差3m程と小さいが、珍しいヒヨングリ滝。

f0083292_21382541.jpg
先客がいて、見ると沢靴を履いていた。
これはただ者では無いと思い、声をかかると、去年一年で滝を800カ所も回ったというえぬさんだった。
滝好きの方にお目にかかる事は殆ど無くて、短い時間でしたが、色々とお話を聞くことができました。





 
f0083292_21470092.jpg









f0083292_21480257.jpg
今回も光生写真館さんにお供頂きました。
お疲れ様でした。






[PR]

by henatyokooyazi | 2018-06-21 21:52 | 滝 渓流
2018年 06月 09日

三階滝(山形県長井市)



f0083292_20064698.jpg
以前から存在は知っていたものの、土砂崩れで通行止めと思っていたら、2015年に復旧していました。







f0083292_20070006.jpg
右岸には三階滝神社が祀られています。







f0083292_20111197.jpg






[PR]

by henatyokooyazi | 2018-06-09 20:12 | 滝 渓流