2016年 04月 05日

六万騎山(320.6m) 坂戸山(633.7m)

カタクリを求めて、六日町。
軽量化のため、オリのEM5M2に付いていたグリップを外し、レンズはM.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II。
これが全く花には向かないレンズ。
ボケが固くて汚いし、カクカクの玉ねぎボケも出る。




六万騎山は、カタクリが見頃を迎えていた。
登り始めから道の両脇に沢山咲いていて、この時期だけ片栗山に山名を変えた方が良いのでは、と思った。
地元の方と話しながら楽しく登りました。
途中で名前を教えて下さいと言われ、名刺を探したけど、出てくるのは各種診察券ばかり。


暑くならないうちに、坂戸山に移動。
しかし、登山口がよく分からず雲洞まで行ってしまい、Uターン。
昔の記憶を探したけど出て来ない。きっと間違って、削除してしまったようだ。
山の地形を頼りに、薬師尾根登山口にたどり着いた。30分程ロス。




登り始めて直ぐに有る、カタクリの群生地。




途中まで、等間隔に仏様が道案内をしてくれます。


この後、階段無限地獄が待っていたけど、山桜や、マンサク、タムシバが咲き初め、一気に春模様。


南には金城山。


山頂直下は更に斜度が増し、もう少しでグレそうになった。



山頂は爽やかな風が吹き抜けていた。
山頂からみた八海山は、雪が異常に少ない。
桃の木平のカタクリは、まだ雪の下。

下山後は、地元の方からお聞きした「湯らりあ・六日町温泉」で入浴。とてもリーズナブルでした。

し、しまった。
風呂に入ったら、山頂で珍しい白色と緑色のカタクリの咲く場所を教えてもらったけど、すっかり行くのを忘れてしもーた。

桃の木平のカタクリが咲いたら、また訪れてみたいな。



[PR]

# by henatyokooyazi | 2016-04-05 22:07 | | Comments(0)
2016年 03月 26日

試乗会その6


BLASTRACK FARTHER 126-92-114 長さ176cm
ブラストラックとの相性は悪く、良い印象は持っていませんでした。

切り替えで少しだけモッタリ感は有るものの、板がきれいに弧を描いている感じがします。


午後になると、斜面がかなり荒れてきた上に、足も悲鳴を上げてきた。
ゆっくり滑ろうとするも、板は荒れを感じさせる事無く突き進んで行きます。
板に負けじと、最後まで踏ん張り切れました。
見直しました、ブラストラック。



[PR]

# by henatyokooyazi | 2016-03-26 17:00 | テレマークスキー | Comments(0)
2016年 03月 26日

試乗会その5

ブラックダイヤモンドのリンク95。

去年試乗していい感じでしたが、今回は個性的なモノを乗った後なのか、普通のグラス板って感じでした。


温度が上がり、荒れてきた斜面では、やや乗りにくく感じてしまいした。
固く感じ、O1が苦手なことから、テレポジションも取りにくく感じました。
十分軽い板で、カーボンのバタつきが嫌な方には良いと思われます。





[PR]

# by henatyokooyazi | 2016-03-26 16:12 | テレマークスキー | Comments(0)
2016年 03月 20日

試乗会その4

G3のウロコ板、ファインダー94XCD。
126-94-113と鱗でも太い板で、トップロッカー+キャンバー仕様。長さは177cmだったと思います。

ビンはステップインの3ピンが付いていました。慣れないため装着に少し苦労しました。

軽量ですが、スピードにも強くターン弧も選びません。
急斜面でエッジを立てると、ウロコを気にせず滑ることができます。
緩斜面は抵抗でスピードが落ちますが、パウダーから残雪期のロングツアーまで使えそうで、気に入りました。









[PR]

# by henatyokooyazi | 2016-03-20 18:13 | テレマークスキー | Comments(0)
2016年 03月 17日

試乗会その3

G3のローマ100。トップはアーリーライズロッカー。
ちょっと難しい板でした。


ターンの始動でトップが引っかるような感じがしましが、これはすぐに慣れました。
ターンに入っても板が硬いのか、思ったような弧を描いてくれません。
探りながらターンをしていましたが、後でSki Trackswで見ると、この日の最高速度55.8km/hを出していたので、途中からこなせるように成ったのでしょうか。



f0083292_21212418.jpg




[PR]

# by henatyokooyazi | 2016-03-17 21:19 | テレマークスキー | Comments(0)