へなちょこ写真館

iino.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2017年 10月 15日

三度目の正直にならず


つばくろ谷の紅葉が真っ盛りとの事。
しかし山は雲の中。
浄土平らに近づくとガスは切れていた。
でもね浄土平を越え下り始めると濃いガスが立ちこめていた。
つばくろ谷もガスの中(涙)

三脚にカメラを付けた方6名が、橋の上で待機していた。7度と寒いのに。

そんな根性無いので、少し下った高湯不動滝に行って時間稼ぎをする事にした。


f0083292_20110189.jpg



f0083292_20161731.jpg




f0083292_20163414.jpg
滝右岸に安置されているお不動様。








f0083292_20211942.jpg




撮影後、再びつばくろ谷に向かったけど、さっきよりガスが濃くなっていたので、諦めて下る事にした。
これで紅葉の時期は3度ガスにお隠れだ。

同じ橋上から覗く中津又橋に行ってみた。


f0083292_19500702.jpg


f0083292_20304536.jpg



f0083292_21304380.jpg
裏磐梯の水峰さんでソースかつ丼。 880円で味噌汁、漬物付きは激安。しかも美味しい。





[PR]

by henatyokooyazi | 2017-10-15 20:36 | 滝 渓流 | Comments(0)
2017年 10月 11日

西山日光寺旭滝


津川警察付近から道を南西に向かうと、西山日光寺があります。
ここから姥堂川まで20分かけて、標高差100mを降ります。




f0083292_20141171.jpg
旭滝 落差30m 直瀑





f0083292_20131281.jpg
迫力を出すために、ちょっと詰まるくらいにアップしました。





f0083292_20161213.jpg
滝付近は大文字草が沢山咲いていました。





f0083292_20172262.jpg
良い滝だと思いますが、訪れる人は少ないようです。
また、西山日光寺もお勧めいたします。立派な山門と彫の深い仁王様がお迎えしてくれます。

ご一緒して頂いた光生さん、お陰様でとても楽しく過ごせました。お礼申し上げます。













[PR]

by henatyokooyazi | 2017-10-11 20:21 | 滝 渓流 | Comments(2)
2017年 10月 10日

大尾不動滝



大尾不動滝と西山日光寺旭滝を光生さんと行ってきました。
光生さんの花の写真は繊細で大好きです。
また、無類のジャズ好きです。
持参されたジャズのCDを聞きながら、写真の話、ジャズの話を沢山しました。

f0083292_21230502.jpg
大尾不動滝 落差15m 段瀑  阿賀町(旧川上村)七福温泉からたきがしら湿原に向かう途中に有ります。





f0083292_21312799.jpg
看板には6分と書いてありましたが、6分で到着はキツそうです。



f0083292_21321338.jpg
パナの8mm魚眼使用。もう少し前に出て流木の下から滝を見る構図にしたかったけど、水が深くてこれが精一杯でした。



f0083292_21324575.jpg





f0083292_21331415.jpg



f0083292_21333521.jpg
暑い日でしたが、滝付近は涼しく気持ち良かったですが、岩の上はツルツルしていて怖かった。


[PR]

by henatyokooyazi | 2017-10-10 21:45 | 滝 渓流 | Comments(2)
2017年 10月 07日

5/23 象ヶ滝


熊倉不動滝近くの車道に車を止めて、象ヶ滝まで歩く事にしました。
車で行けそうですが、対向車が来たらすれ違い不可能の場所が多そうです。

熊倉川に沿って2km歩く道は楽しいコースでした。

f0083292_10420265.jpg
集落の殆どが空きや。
f0083292_10452242.jpg

f0083292_10453659.jpg
f0083292_10455231.jpg

f0083292_10460129.jpg


f0083292_10463211.jpg
人面石だそうです。 モンクの叫びに似てますね。



f0083292_10472609.jpg



f0083292_10482417.jpg
象ヶ滝 落差30m 段瀑
落ちる様が象の鼻に似ている事から付けられたそうですが、ちょっと微妙。


f0083292_10514287.jpg


f0083292_10515328.jpg
以上で南牧村の滝はとりあえず終わりです。お付き合いありがとうございました。

毎週材料を前橋から運んでくる運転手に、南牧村に行ってきましたと言うと、
「よく群馬県人も行かないような秘境に行きましたね」っていわれました。
確かにV字谷沿いの狭い生活空間、急斜面にへばりつくように立てられた家、高齢化が進み
空きやが多く、自販機も食事処も数件しかなく、観光の目玉となるようなモノは皆無でしょう。
しかしここ南牧村がすっかり気に入ってしましました。豊かな自然の宝庫です。
23/23を目指して、また訪れたいと思っています。



[PR]

by henatyokooyazi | 2017-10-07 11:12 | 滝 渓流 | Comments(0)
2017年 10月 07日

4/23  熊倉不動滝

 
車道から見える滝で熊倉川が直接落ちています。

f0083292_10211986.jpg
熊倉不動滝 落差10m 段瀑





f0083292_10224424.jpg









[PR]

by henatyokooyazi | 2017-10-07 10:27 | 滝 渓流 | Comments(0)
2017年 10月 05日

3/23 線ヶ滝


群馬県の天然記念物及び名勝になっている線ヶ滝。


線ヶ滝は別名仙ヶ滝と言う。伝説によると往昔当地に絶世の美人お仙と言う娘あり。若衆の羨望の的であった娘となったが、髪を結うことができず、姑に叱られ悲しさの余り髪結い道具を持って、滝上より飛び込み入水する。その後、毎夜丑満時にお仙のすすり泣きが聞こえる。滝の高さは35m「仙ヶ滝の青嵐」として星尾八景の一つである。(南牧村)



線ヶ滝は、南牧川の支流、星尾川の流れをきってほぼ東西に走る断層に沿って形成された断崖にかかる滝である。滝をつくる直立した岩壁やその附近の地層は、秩父中古生層の代表的な岩石の一種であるチャートからなっている。滝の落差は約30m余りで黒灰色の岩壁を白い一条の直線を描いて落下する。この滝は、四季を通してとだえることがない(南牧村教育委員会)





f0083292_20435144.jpg
線ヶ滝  落差35m 直瀑
通常岩肌に沿って落ちてくる滝は、下方で広がるのが普通ですが、一筋の線を描くように落下しています。
これは岩肌がトイ状に凹んでいるからです。


f0083292_21050813.jpg
釜がらは先はゴルジュになっています。






f0083292_20500684.jpg
東屋の裏手に回ると、滝の落ち口を見ることが出来ます。



f0083292_20503367.jpg
シャッタースピードを上げると、違った表情を見ることが出来ました。
丁度お昼になったのでコーヒーを沸かし、前夜、原信で半額で買ったパンを食べ腹ごしらえをしました。













[PR]

by henatyokooyazi | 2017-10-05 20:54 | 滝 渓流 | Comments(2)
2017年 10月 04日

2/23 龍神の滝


f0083292_20301418.jpg
すれ違いが困難な場所が多く、対向車が来なければ良いなって思ったら、自トラが来た。
やっとの思いですれ違い、登っていくと、黒瀧山不動寺があった。
黄檗宗の大きなお寺で、滝は境内にある。



f0083292_20375862.jpg
龍神の滝 落差20m 直瀑。

水はほとんど落ちていない。(涙) 
滝の裏に入ることが出来る、いわゆる裏見の滝だった。


f0083292_20411705.jpg
滝行が行われていると思われる所。


f0083292_20400861.jpg


[PR]

by henatyokooyazi | 2017-10-04 20:43 | 滝 渓流 | Comments(0)
2017年 10月 02日

1/23  南牧村俳諧


6月末頃、南牧村役場の観光課に電話して、滝巡りのパンフレットを送って頂きました。
暑いのは苦手で、涼しくなって来たので出かけてきました。
と言っても、パンフレットに載っているだけで23か所もあります。
比較的簡単に行ける滝を目指しました。



f0083292_21225522.jpg
住吉の滝  落差5m 直瀑
熊野神社から数分で到着します。



f0083292_21275354.jpg





f0083292_21330680.jpg















[PR]

by henatyokooyazi | 2017-10-02 21:29 | 滝 渓流 | Comments(0)