<   2016年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2016年 05月 19日

オトナの遠足

f0083292_21203402.jpg


落差63mを誇る玉簾の滝。 直瀑で迫力満点。
なのですが、天気良すぎで全く面白く無く。やはり雨の日が良さそう。


ニリンソウが沢山咲いていました。



鳥海山がキレイに見えていたので、湯の台まで上がってみました。
除雪終了点には20台程の車が止まっていて、皆山スキーのようです。
滝の小屋を目指し、テクテクと歩きました。


30分程登りましたが、斜面を延々と横切っている道路を見たら意欲がなくなり、即撤退です。
この道路歩きが長いせいで、他の登山口より登山客は少ないようです。




鶴間池。紅葉の名所で、秋に訪れたい場所です。





訳あって場所はヒミツ。





[PR]

by henatyokooyazi | 2016-05-19 21:41 | 滝 渓流 | Comments(0)
2016年 05月 11日

青田南葉山 949.1m


南葉高原キャンプ場から、木落し坂コースに進み、明神沢コースで下山の予定。
広々としたキャンプ場で、気持ちがよろしい。
大きいロッジやバンガローが立ち並んでいた。




登山道に入ると、シラネアオイ、カタクリ、ショウジョウバカマ、イワカガミ、スミレ、タムシバなどが沢山咲いていて、まさに花の山だ。


なだらかな登りは、四合目からは一気に変わり急登となる。
大汗をかきながら登っていると、ガサガサガサと藪の奥から音が聞こえ、一瞬緊張したけど、山菜取りだった。
六合目で力水を頂く。冷たくて美味い。




七合目を右に入ると見晴らし台だ。霞んでいて、見通しはきかない。

七合目を過ぎると、緩やかな登りになったけど、残雪が現れた。


藪をかき分けて進む。


こんな場所にもマークが有った。


山頂には誰もおらず、独り占め。

眺望は南側だけで、木々の向こうに妙高山、火打山、大毛無山が見えた。 木が生い茂ると見えなくなりそうだ。





山頂で30分程過ごしたら寒くなって来て下山開始。
ウッカリ登って来た道に進んでしまった。
引き返すのも面倒なので、そのまま木落コースで帰る事にする。
続々と登山者が登って来て、山頂は大賑わいに違いない。








[PR]

by henatyokooyazi | 2016-05-11 22:00 | | Comments(0)
2016年 05月 04日

北方博物館



家に住むトトロが、まだ北方博物館に行ったことが無いというで、藤の開花に合わせて出かけました。

連休で混みそうなので、開館時間に合わせたけど、結構たくさんの人達。





丁度館内を案内してくれるというので、解説を聞きながら回りました。







[PR]

by henatyokooyazi | 2016-05-04 17:18 | | Comments(4)
2016年 05月 03日

刈羽黒姫山 889.4m

先日、城山に登っった時、春霞に負けじと、残雪をまとった黒姫山が姿を見せていた。
見た瞬間に、次は「これだ」と感じた。

登山口は早く帰りたいので、最短で登ることが出来る磯之辺からにした。
登山口近くの集落は、豪雪のため、冬の間は下に降りて生活をするという所。

登山口にはまだ沢山のカタクリが咲いていました。

予想通り、痩せ尾根の急登が続きます。

Camera
SO-01G
Focal Length
4.6mm
Aperture
f/2
Exposure
1/500s
ISO
50
鬼殺しの水は、右手にこの石仏が目印です。






一部に水が張られた棚田。






f0083292_19291594.jpg




  
急に40段ほどの石の階段が現れると、鵜川神社に到着です。




鵜川神社から数分で黒姫山山頂です。
いつも通り時間は見ていませんが、腹時計で計ると一時間ほど。たぶん。


宴会が出来る立派な小屋がありました。






山頂からは、南側だけ眺望が出来ますが、霞んでいてはっきり見えません。
AR山というアプリを使ってみました。以前試した時は、山の位置と表示が少しずれていました。

下山後、風呂に入りたくて、じょんのび村に行ってみましたが、10時から入浴可との事で40分も待てないので、帰路に着きました。




[PR]

by henatyokooyazi | 2016-05-03 19:51 | | Comments(0)