へなちょこ写真館

iino.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2016年 04月 26日

猪苗代の桜 その3 亀ヶ城跡


今回一番写したかった桜でしたが、余計な枝などが多く、どうも上手くいきません。




ここ亀ヶ城には品種は分かりませんが、白と赤の桜が咲いている一角が有ります。
もはや疲れて集中力が切れてしまったのか、どうも上手くいきません。

この後、桜峠に行こうと思っていましたが、雲が取れ青空が広がって来たため、諦めて帰路につきました。
どらや製菓さんのどら焼きをお土産にして。




[PR]

by henatyokooyazi | 2016-04-26 21:44 | | Comments(0)
2016年 04月 24日

猪苗代の桜 その2 白津の枝垂れ桜



観音寺川の北に位置する白津。

立派な枝振りの枝垂れ桜が、多く生活しています。
ただ墓所になっていて、撮影は大変です。
古いお墓はもう周りに溶け込んでいますが、新しいお墓は生々しく、写真には写せません。
幸い広い場所なので、墓石を踏まないように気をつければ、自由に動き回れます。

どう切り取るか、いつも考えこんでしまいますが、感性を研ぎ澄まし、全身全霊をもって精一杯写す事が、桜に対する礼儀でしょう。












こんな所に葬られる人は、きっと幸せなのでしょうね。





[PR]

by henatyokooyazi | 2016-04-24 11:34 | | Comments(0)
2016年 04月 23日

猪苗代の桜 その1 観音寺川の桜

時間が取れず、やっと桜見物。
嬉しくて3時半に目を覚ました。


6時過ぎに着くと、カメラマン以外に人は殆どいなく、駐車場もガラ空き。




観音寺の山門。
多分割測光だと桜は飛んでしまうので、アンダーに振って撮影し、現像時にシャドーを持ち上げてみた。


 


   
観音寺の枝垂れ桜。ソフトン使用。








f0083292_23590405.jpg







[PR]

by henatyokooyazi | 2016-04-23 19:04 | 風景 | Comments(0)
2016年 04月 12日

城山(384m) 丸山(372.6m)

西山山系の主峰、城山(じょうやま)は手軽に登れることから、多くの市民に愛されています。

登山口にこんなポスターが貼ってありました。

常連客が多く、新参者は直ぐ分かってしまうようで、何方からお出でですか?
とよく聞かれました。




御来光組という言葉を初めて聞きました。
山頂で御来光を見て下山し、仕事に行くという事のようです。
また、年間366回登ったという方のお話も面白かったです。

この山を大事に思い、また、誇りに思う気持ちが、ひしひしと伝わって来て、とても嬉しくなりました。


低山ですが、見晴らしは抜群のはず。ですが、春霞で遠望は出来ません。
山頂から見えた米山。




刈羽黒姫。

丸山に行く方がおられて、ご一緒させて頂きました。


丸山山頂から小千谷市が良く見えます。

下山は丸山と城山の間にある道を通り時水まで戻りました。
途中滝が有るよと教えて頂きましたが、雪が少なかったせいか、もう枯れていました。

  


[PR]

by henatyokooyazi | 2016-04-12 22:06 | | Comments(0)
2016年 04月 05日

六万騎山(320.6m) 坂戸山(633.7m)

カタクリを求めて、六日町。
軽量化のため、オリのEM5M2に付いていたグリップを外し、レンズはM.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II。
これが全く花には向かないレンズ。
ボケが固くて汚いし、カクカクの玉ねぎボケも出る。




六万騎山は、カタクリが見頃を迎えていた。
登り始めから道の両脇に沢山咲いていて、この時期だけ片栗山に山名を変えた方が良いのでは、と思った。
地元の方と話しながら楽しく登りました。
途中で名前を教えて下さいと言われ、名刺を探したけど、出てくるのは各種診察券ばかり。


暑くならないうちに、坂戸山に移動。
しかし、登山口がよく分からず雲洞まで行ってしまい、Uターン。
昔の記憶を探したけど出て来ない。きっと間違って、削除してしまったようだ。
山の地形を頼りに、薬師尾根登山口にたどり着いた。30分程ロス。




登り始めて直ぐに有る、カタクリの群生地。




途中まで、等間隔に仏様が道案内をしてくれます。


この後、階段無限地獄が待っていたけど、山桜や、マンサク、タムシバが咲き初め、一気に春模様。


南には金城山。


山頂直下は更に斜度が増し、もう少しでグレそうになった。



山頂は爽やかな風が吹き抜けていた。
山頂からみた八海山は、雪が異常に少ない。
桃の木平のカタクリは、まだ雪の下。

下山後は、地元の方からお聞きした「湯らりあ・六日町温泉」で入浴。とてもリーズナブルでした。

し、しまった。
風呂に入ったら、山頂で珍しい白色と緑色のカタクリの咲く場所を教えてもらったけど、すっかり行くのを忘れてしもーた。

桃の木平のカタクリが咲いたら、また訪れてみたいな。



[PR]

by henatyokooyazi | 2016-04-05 22:07 | | Comments(0)