<   2010年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2010年 03月 16日

予定変更

アカカンから燕尾根に取り付いて、前山へ登り滝沢尾根を滑る予定だった。
駐車場に着いてとりあえずチケット売り場に行こうとしたら、名前を呼ばれた。
長岡のアウトドア店パーマークの山0さんだった。
「東京から5人来るそうです」と言われた。娘の旦那達だ。
すっかり忘れていた。この日は、テレ板、ブーツ、クロカンの板などが試乗できるし
オマケにTAJからアルペンでいうデモが来て無料レスッスンをしてくれるイベントの
日だった。
お山は雲の中、予定を変更してイベント参加となった。
ファット板は重いが常識だったが、軽くなっているし乗りやすい、ツアーモードの
ビンデングも予想以上に良い出来だ。
浦島太郎状態で、試乗を繰り返す。 

午後からは雲も取れてきた。
f0083292_212276.jpg


f0083292_2124176.jpg


f0083292_2125690.jpg


f0083292_2131092.jpg

[PR]

by henatyokooyazi | 2010-03-16 21:07 | テレマークスキー | Comments(6)
2010年 03月 16日

この日だけ何故悪天候?

13日は中里の予定だった。が、この日に限って悪天候、温度も低い。心待ちしていたタミルは、神経痛が悪くなるからとの理由で取りやめとなった。

代わりに県立植物園に行く事となった。
旧小須戸地区の「ぼけ」の花の出荷率は80%とのこと、「日本ボケ協会」なるものも存在している。 もう入会の権利有りだ。 ヾ(~O~;) コレ
だらだら長いのも見にくいにでMore機能を使用しました。

f0083292_20222158.jpg


f0083292_20224413.jpg


More
[PR]

by henatyokooyazi | 2010-03-16 20:32 | | Comments(5)
2010年 03月 06日

一の木戸

ワン子と散歩で見つけたレンガの建物、歩かないと見えないものが沢山あった。

f0083292_1754193.jpg


f0083292_1755951.jpg


f0083292_1761052.jpg


f0083292_1762323.jpg


f0083292_1763379.jpg


f0083292_1764335.jpg


f0083292_1765294.jpg


土手に上がってみると、重機がこぼしたと思われる油が滲んでいた。
f0083292_17715.jpg

[PR]

by henatyokooyazi | 2010-03-06 17:09 | スナップ | Comments(6)
2010年 03月 04日

おひな様

我が家のおひな様、タミルのお気に入りらしい。片付けられる前に一枚。

f0083292_20421140.jpg

殆ど使った事のないストロボを持ち出した。慣れていない事はやはり上手くいかない。
[PR]

by henatyokooyazi | 2010-03-04 20:45 | その他 | Comments(2)
2010年 03月 01日

Hank Jones

ここ数年はjuzzしか聴かない。心地よいからだ。有名どころを殆ど聴きあさってしまい
聴くモノが無くなってきてしまった。 このブログに時々コメントをくれる、まん丸クミさん や、
藤丸さんが親爺の知らない世界を紹介してくれた。

そんな中 Hank Jonesのコンサートのチケットを長男が2枚誕生祝いに買ってくれた。
送られてきたチケットの中にTrioの紹介があった。91歳のピアノのジャズメン。
ミスタースタンダードと尊敬の念を込めて呼ばれているとあった。

親爺は聴くだけで、Juzzに対しては初心者で何も知らないし、知りたいとも思わない。
敢えて、検索などせずに出かけて行った。
スタンダードは良い。メロデイが分かるから、先ほどはこうきたが、今度はこうきたか、
とか直ぐに分かるので、耳(頭?)に優しい。

演奏が始まると数秒で、吸い込まれてしまった。音が作り出す空間に飛び込んでいた。
思考回路は停止し、極めて冷静に音だけを必死で追っていた。 

しかし、時々罠を仕掛けていた。ターゲットはドラムスのLee Pearson。
最初は曲の最後で盛り上げておいて、ドンで終わりの所を寸止めした、が親爺の鼓膜には確かに振動を与えていた。
絶妙のタイミングでトトンで締めくくった。

二回目は、ソロの時だった。ウッドベースのDavid Wongの後Lee Pearsonが演奏、
その後は、Hank Jonesの予定だが、Hannkは額の汗をぬぐっていて、弾こうとはしない。
Lee Pearsonもドラムを鳴らしながら汗を拭くが、Hankは知らん顔。
ドラムを打ちながら、上着を脱ぎ、右から反時計回りに一回転してドラムを叩く、一回転なので、床も含まれる。
荒技の中でも、全くメトロノームのように正確にリズムを刻んだ。
切れの良い演奏と、乾いた音、少し湿り気を帯びた音、激し音、微妙なタッチを瞬時に使い分けをする。すばらしいプレイヤーだ。

ベースのDavid Wongは、普段はドラムやピアノの音に隠れていたが(親爺の耳に異常が有る可能性あり)ソロになると非凡さを見せてくれた。
HankとDavidだけでの演奏は絶品だった。弦でウッドベースを弾き、ピアノが絡んでくる。重々しさと、軽やかなピアノの音。何度でも聴きたい名演奏。

アンコールは二度あった。二回目はHanku一人で出てOscar Peterson作曲の曲を
披露してくれた。不思議な事に自然と涙目になったが、かまっている暇など無い。

CDを買うと、サインしてもらえる事になっていた。 握手をしてもらったHankの手は筋肉のみで、手の体脂肪は限りなくゼロに近いように思えた。

ドラムスの Lee Pearsonにサインをしてもらった時、思わず、are you comedian ?
って言いそうになったが、ぐっと我慢した。たぶん笑顔でyesと答えてくれただろう。

f0083292_21431643.jpg


f0083292_21432592.jpg

[PR]

by henatyokooyazi | 2010-03-01 22:08 | その他 | Comments(5)