へなちょこ写真館

iino.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2008年 06月 23日

夢のような場所で悪夢じゃー

水上町から湯ノ小屋温泉を抜けると照葉峡だ。利根川の源流の一つ木の根沢は尾瀬の西山
(標高1896m)を源流にもち、滝や淵を堪能できる。
照葉狭には、俳人・水原秋桜子が命名した大小11の滝がおよそ5kmのあいだにあり、滝ファン
は一気に滝のはしごができる夢のような場所だ。 ここで起きた悪夢はのちほど。

訳あって、写真はすべてタミルが撮影

藤原湖に流れ込む沢に有った無名滝
f0083292_2110123.jpg



照葉狭に行く途中に寄った裏見の滝 落差80m 直爆 標高1050m
文字どおり滝の裏側を見る事ができる事からついた名前。武尊山(2158m)を源流
にもつ武尊川にかかる直爆。 現在土砂崩れにより滝の裏に行く道は閉鎖されている。
f0083292_21141421.jpg
 


湯ノ小屋温泉から5km程行くとあらわれる潜龍の滝
f0083292_2120827.jpg

このあと岩魚の滝と白龍の滝と続くが見つけられずに通り過ぎてしまった。

山彦の滝
f0083292_21202487.jpg

ここで悪夢がおこった。山彦の滝のすぐ上の落差は小さいが幅が広い滝があった。
岩場の上に三脚をセットしたが、広角レンズを車に取りに行こうとすると、三脚が倒れ
カメラと一緒に滝壺に落ちて行った。長靴を脱いで滝壺に入ったが、足が届かない。
泳ぎながら足で探すが、当たりは無かった。顔を水につけて見るが、泡だっていて
視界は殆どない。かなりの水量が流れ込んでいて滝壺から流し出されると下には
滝が待ちかまえている。 まあ水没したカメラは使い物にならないと思うしレンズも
電気関係がだめになって修理にお金がかかりそう。諦めて上にはい上がると、女神様
が、親爺の落としたカメラはEOS 1Dsm3かkissDNのどちらか、とは聞いてこなかった。
このカメラとレンズは特に思い入れが強く残念。(´_`。)グスン
悪夢だー、グレてやる。 ヾ(@°▽°@)ノあはは 



翡翠の滝 文字とおり水が翡翠色をしていてとてもきれいだ。
f0083292_21204898.jpg


木精の滝
f0083292_21205536.jpg


つづみの滝
f0083292_2121715.jpg


不断の滝
f0083292_21211852.jpg


時雨の滝
f0083292_21212723.jpg


この滝の上流に木の実の滝とひぐらしの滝がありますが、この沢に流れ込む滝で、
木がじゃまをしてよく見えず。 
タミルも写真上手くなったでしょう。
[PR]

by henatyokooyazi | 2008-06-23 22:04 | 滝 渓流 | Comments(8)
2008年 06月 17日

ひょっとして病気かも

最近手が震える事が時々ある。
原因は分かっている。写真をもう長く写していないからだ。
ということは無しです。 (≧≦) ゴメンヨー

日曜も仕事で、まる4週間写していない。。(´_`。)グスン

暑さに弱いへなちょこ親爺は、梅雨が大嫌い。
今年は比較的涼しく仕事浸けの割に元気にしています。


こんな日々がもうすぐ襲って来るよ。やだなー
f0083292_2204544.jpg

[PR]

by henatyokooyazi | 2008-06-17 22:15 | 風景 | Comments(2)
2008年 06月 01日

悔やんでいる事

今日は日曜出勤。難しい仕事を何とかこなして、13時には自宅に戻った。
おひるを食べ、布団に潜り込む。疲れた時は、寝るのが一番だ。

さてこの写真は3年前ちょうど今頃写したものだ。
雨が今にも降りそうで、暗く光量も少なかった。フラットな光のため立体感がまるで無い。
ボツしていたが、最近レタッチしてA3ノビにプリントしてみたが、やはりのっぺりとした感じ
がする。
弱目にフラッシュを使えば、メリハリが出たはずだが、内蔵フラッシュしか持ち合わせて
いなかったため、フルサイズのレンズでは蹴られてしまう。

いまだ悔やんでいる写真の一つだ。
その後、外付けフラッシュを購入したが、出番は非常に少ない。

秋田県象潟 元滝 落差5m 幅40m 潜流爆 標高250m
f0083292_17295872.jpg

[PR]

by henatyokooyazi | 2008-06-01 17:39 | 滝 渓流 | Comments(4)