へなちょこ写真館

iino.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:風景( 153 )


2007年 08月 30日

あだたら渓谷

安達太良山に源がある烏川の特に景勝の優れているおよそ1kmが、あだたら渓谷として整備されていて、人気も高いようだ。滝が次々と現れてきて楽しめます。ふくしまの遊歩道50選の第2位にもなっているようです。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ ←タミルの写真が上手くなったと感じた方はポチット応援して下さい。

撮影:タミル
f0083292_21592062.jpg


撮影:タミル
f0083292_21593913.jpg



撮影:へなちょこ親爺
f0083292_220137.jpg


撮影:へなちょこ親爺
f0083292_2203359.jpg


撮影:へなちょこ親爺
f0083292_2205629.jpg

[PR]

by henatyokooyazi | 2007-08-30 22:07 | 風景 | Comments(0)
2007年 08月 29日

高湯不動滝

福島市の高湯温泉付近にある大滝。一切経山周辺の水を集め、不動沢の落差30mの切り立った崖を落下してくる。しかし写真にまとめるには難しい滝でした。
滝壺の正面から15m程離れた所に大人3人ほど足を伸ばして休める大きな岩の上でまったりとしていたら夏だというのに寒くなってきました。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

撮影:タミル
f0083292_2241832.jpg

撮影:タミル
f0083292_2245277.jpg

撮影:へなちょこ親爺
f0083292_2252253.jpg

撮影:へなちょこ親爺
f0083292_225473.jpg

撮影:へなちょこ親爺
f0083292_22104213.jpg

[PR]

by henatyokooyazi | 2007-08-29 22:14 | 風景 | Comments(2)
2007年 08月 21日

再び銚子ヶ滝へ

12日再び銚子ヶ滝へ。タミルは急な下りが有るので嫌がったのですが。・・・・・・・・
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
撮影後、和尚山への登山道を少しだけ行くと滝の上の沢に出ることが出来ました。
滑る岩場をへっぴり腰で、滝が落ちる場所まで行くことが出来ました。上から下をのぞき込むと84mは思ったより高く感じました。が、カメラ持って来なかった。しまった。(^^;;)

f0083292_22361581.jpg


f0083292_2236363.jpg


f0083292_22365657.jpg

[PR]

by henatyokooyazi | 2007-08-21 22:44 | 風景 | Comments(2)
2007年 08月 08日

銚子ヶ滝

日本の滝100選にも入っている名瀑。姿、規模、品格、個性、周りの環境とも一級品と感じた。安達太良山を源として石庭川にかかる滝で、落差84m。おすすめです。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

iso400に感度を上げてシャッタースピード1/1250を確保。思ったより迫力出なかった。
・°°・(;>_<;)・°°・。

f0083292_21292279.jpg


上から滝壺を俯瞰できる位置の移動したら虹が見えました。(^^)/
f0083292_21293495.jpg


滝以外からも水は湧き出ています。この水は甘く美味しい水でした
f0083292_21295277.jpg


お酒を入れる銚子に姿が似ていることから付けられた銚子ヶ滝ですが、あえて滝を脇役にしてみました。
f0083292_2130880.jpg


巨大カタツムリ? (^^;;) アセアセ
f0083292_21302220.jpg


一通り撮影が終わりタミルと休んでいたら、4人連れの若い方から、沢で冷やしたスイカをご馳走になりました。 如天甘露味。  うんめ~かった。m(_ _)m
f0083292_21303458.jpg

[PR]

by henatyokooyazi | 2007-08-08 21:53 | 風景 | Comments(0)
2007年 08月 08日

磐梯熱海・不動滝

磐梯熱海温泉街から少し入った、額取山からの流れである檜沢にかかる滝。
水量が少ないうえに水が少し濁り気味、落差4m程で幅7~8m。落差の割に滝壺が深いようだ。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

f0083292_21234891.jpg

[PR]

by henatyokooyazi | 2007-08-08 21:24 | 風景 | Comments(0)
2007年 07月 30日

R325 滝巡り

会津若松から東山温泉を抜けて行くR325は大小合わせて、多くの滝がある。
一ノ渡戸の集落を過ぎると、やがて湯川から中津川沿いに道は代わり、東山温泉から20分程走ると小滝が左手に見えて来る。迫力には欠けるが、趣がある。この先50m程行くと今回お目当ての東山大滝だ。しかし立て札も何もないので通り過ぎてしまい、東山大滝のさらに50m程先の無名滝が見えてきた。Uターンして見るとS字カーブの所に降り口らしき場所が見えた。駐車場が無く道路が少し広いところに車を止めて行くと、急な降りと砂利混じりの滑りやすい道が待っていた。ただロープが張ってあるので心強い。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

             岩肌をなめるように落ちて来る小滝
f0083292_2141589.jpg


f0083292_21412588.jpg


             東山大滝は落差10m程幅5mくらいの直爆
f0083292_21421014.jpg


f0083292_21422774.jpg


f0083292_2143129.jpg


甌穴も多く見られる
f0083292_21432920.jpg


f0083292_21434661.jpg


東山大滝のさらに50m程上流にある無名滝
f0083292_2144969.jpg


f0083292_21443440.jpg


f0083292_21445116.jpg


f0083292_21451285.jpg


f0083292_21453176.jpg


東山温泉には雨降りの滝もありますが、帰りに写そうと思っていたところ忘れて通り過ぎてしまった。(´ω`。)グスン
[PR]

by henatyokooyazi | 2007-07-30 22:05 | 風景 | Comments(0)
2007年 07月 15日

そうだ 雨だから滝を写しに行こう。

台風のせいで雨降りだ。
雨も滝も同じ水が上から落ちて来るだけだからと言う訳の分からない理由で滝を写しに行きました。
「お滝さん」の愛称で親しまれている善根の不動滝は、柏崎市の八石山から流れ出る久之木川の上流にある。
案内書によると、滝は三段になっていて、全体で72m。滝壺から見えるのは三段目の(約30m)だけだ。
一段目と二段目は国道252号の加納方面から落葉時のみ見ることが出来るとあった。

車で近くまで入ることができ、滝までの道も良く整備されていた。(徒歩5分程度)トイレ有り。
雨が続いていたせいもあり迫力があり、姿も美しい。
雨でレンズ交換がママならずタミルから傘を差してもらって交換した。タミルは最近買った18-200ミリで交換いらず。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

f0083292_19231325.jpg


f0083292_19235298.jpg


f0083292_1924863.jpg


f0083292_19242282.jpg


f0083292_19243531.jpg

[PR]

by henatyokooyazi | 2007-07-15 19:27 | 風景 | Comments(0)
2007年 07月 12日

ファイル復活

画像復活.com
から、CFカードの破損したファイルが復活できました。現在は無料で使用出来ます。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

玉川の対岸の時神山から流れ出る旭又沢が玉川に落ちる時、旭又滝となる。急名斜面を流れ落ちて来るため水量も多く、迫力がありましたが、近づくことが出来ません。
樹木も邪魔をしていて、一カ所だけ見晴らしが比較的良い場所がありました。

f0083292_224178.jpg


f0083292_2243870.jpg


f0083292_2244964.jpg

[PR]

by henatyokooyazi | 2007-07-12 22:07 | 風景 | Comments(0)
2007年 07月 10日

玉川渓谷

ユリ園の帰りに飯豊山の登山口にもなっている、飯豊温泉まで行ってみた。玉川渓谷は水がきれいで大好きな場所だ。しかし帰ってCFカードをカードリーダーに入れ読み取ると最後の方の20枚ほど読み取れない。最近買った8GBのものだ。使うのは3回目。良かったのは最初だけで、あと2回は同じトラブルが出ている。

旭又滝を写した時から最後までが読み取れない。こんなCF使えな~い。

f0083292_21442958.jpg


f0083292_21444027.jpg


f0083292_21444866.jpg

[PR]

by henatyokooyazi | 2007-07-10 21:47 | 風景 | Comments(0)
2007年 06月 24日

栖吉の不動滝

残業続きで、お疲れ気味。遠出出来ないため、近くで、前から気になっていた長岡の栖吉の不動滝に出かけた。 登り口に付くと、落石の危険があるため不動滝、風谷山方面は通行不能と柵がしてあった。最近老眼が進んだため、よく見えなかった事にして出発。緩い登りを登り出すと、地震で崖崩れしたと思われる場所に出た。道は整備されていたが、落石が時々あるようだ。
そこを過ぎればもう大丈夫。シモツケソウ、ギボウシ、エゾアジサイなどが咲いている。
風谷山への登山道を右に見て、しばらく進むと、もう何年も手入れされていないような、お堂が有った。登り口からおよそ15分程度。お堂の裏から沢に降りると、鎖場が見えた。急な降りだが、岩に足場が刻んであり降りやすかった。前日雨が降ったせいか、落差10m程度の滝だが大迫力だ。昔滝の右手に大きな石があり、それが不動明王に見えたことから不動滝と名付けられたようだ。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


f0083292_1873341.jpg


f0083292_1875659.jpg


f0083292_188169.jpg


f0083292_188341.jpg


f0083292_1885112.jpg


f0083292_189725.jpg

[PR]

by henatyokooyazi | 2007-06-24 18:37 | 風景 | Comments(3)