へなちょこ写真館

iino.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:風景( 146 )


2007年 07月 12日

ファイル復活

画像復活.com
から、CFカードの破損したファイルが復活できました。現在は無料で使用出来ます。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

玉川の対岸の時神山から流れ出る旭又沢が玉川に落ちる時、旭又滝となる。急名斜面を流れ落ちて来るため水量も多く、迫力がありましたが、近づくことが出来ません。
樹木も邪魔をしていて、一カ所だけ見晴らしが比較的良い場所がありました。

f0083292_224178.jpg


f0083292_2243870.jpg


f0083292_2244964.jpg

[PR]

by henatyokooyazi | 2007-07-12 22:07 | 風景 | Comments(0)
2007年 07月 10日

玉川渓谷

ユリ園の帰りに飯豊山の登山口にもなっている、飯豊温泉まで行ってみた。玉川渓谷は水がきれいで大好きな場所だ。しかし帰ってCFカードをカードリーダーに入れ読み取ると最後の方の20枚ほど読み取れない。最近買った8GBのものだ。使うのは3回目。良かったのは最初だけで、あと2回は同じトラブルが出ている。

旭又滝を写した時から最後までが読み取れない。こんなCF使えな~い。

f0083292_21442958.jpg


f0083292_21444027.jpg


f0083292_21444866.jpg

[PR]

by henatyokooyazi | 2007-07-10 21:47 | 風景 | Comments(0)
2007年 06月 24日

栖吉の不動滝

残業続きで、お疲れ気味。遠出出来ないため、近くで、前から気になっていた長岡の栖吉の不動滝に出かけた。 登り口に付くと、落石の危険があるため不動滝、風谷山方面は通行不能と柵がしてあった。最近老眼が進んだため、よく見えなかった事にして出発。緩い登りを登り出すと、地震で崖崩れしたと思われる場所に出た。道は整備されていたが、落石が時々あるようだ。
そこを過ぎればもう大丈夫。シモツケソウ、ギボウシ、エゾアジサイなどが咲いている。
風谷山への登山道を右に見て、しばらく進むと、もう何年も手入れされていないような、お堂が有った。登り口からおよそ15分程度。お堂の裏から沢に降りると、鎖場が見えた。急な降りだが、岩に足場が刻んであり降りやすかった。前日雨が降ったせいか、落差10m程度の滝だが大迫力だ。昔滝の右手に大きな石があり、それが不動明王に見えたことから不動滝と名付けられたようだ。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


f0083292_1873341.jpg


f0083292_1875659.jpg


f0083292_188169.jpg


f0083292_188341.jpg


f0083292_1885112.jpg


f0083292_189725.jpg

[PR]

by henatyokooyazi | 2007-06-24 18:37 | 風景 | Comments(3)
2007年 04月 15日

春の花めぐり

カタクリを写しに見附の山に・・・・・。へなちょこ親爺みたいに、とうの昔に盛りを過ぎた花ばかり。何とかごまかして一枚。 帰り道桜を探しながらあちらこちと徘徊親爺。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

f0083292_20594994.jpg


f0083292_2115557.jpg


f0083292_2122275.jpg


f0083292_2123919.jpg


f0083292_213246.jpg


f0083292_2132123.jpg


f0083292_2134977.jpg

[PR]

by henatyokooyazi | 2007-04-15 21:14 | 風景 | Comments(0)
2007年 03月 25日

春を呼ぶ花

福寿草は春一番新年を祝う花として喜ばれ、別名ガンジツソウ(元日草), 福を招く、縁起の良い花として喜ばれ,福寿草の名ができた、そうです。福島県山都町沼ノ平には、100万株の福寿草が自生していて、日本最大級と言われています。が・・・・・・ 暖冬で一ヶ月も早く2月にもう咲いて、その後の寒さで何とか18日からの福寿草まつりまで持ちこたえていたようです。傷んでいる花が多く、雨も降っていてテンション下がりっぱなしでした。

f0083292_1823858.jpg

[PR]

by henatyokooyazi | 2007-03-25 18:05 | 風景 | Comments(0)
2007年 03月 04日

イエロ-フォール

数万年前から噴火を繰り返して来たと言われている磐梯山、1888年の爆発で山体が水蒸気の圧力で崩壊しました。裏磐梯スキー場の上から、爆発の中心に近い銅沼(あかぬま)を通り過ぎ、櫛ヶ峰の麓に冬だけ現れるイエローフォールという黄色い氷瀑があります。少しずつ水がしみ出ていて、これが氷ったもので、水分に含まれる硫黄や鉄分のせいで黄色くなると言われているようです。


まずは櫛ヶ峰、写真の右下にイエローフォールがある。
f0083292_1953613.jpg

火口壁。天狗岩と言われていたような。記憶違いかもしれません。
f0083292_19533498.jpg
f0083292_19535860.jpg

これがイエローフォール、今年は暖冬の影響むごいお姿。
f0083292_19551975.jpg

[PR]

by henatyokooyazi | 2007-03-04 20:03 | 風景 | Comments(0)