2015年 03月 22日

東谷山

長岡の山スキークラブに入れてもらって東谷山(1553.8m)へ

個性豊かな手練れ10名が集まりました。 注1 へなちょこは手練れではありません



二居峠まではこんな登りが続きます。
f0083292_19404115.jpg


45分で二居峠着
ここから本格的な登り。

痩せ尾根の急登が待っているためクランポンを付けた。

f0083292_19431356.jpg


景色を楽しみながら登ります。
f0083292_19505703.jpg




鉄塔を過ぎるとこんな斜面が腹いっぱい出てきます。

ただでさえ大変な場所なのに
ツボ足の登り跡があり
シールもクランポンも効きにくく
スリップを防ぐためストックに力を入れて登る力技で
体力が奪われていく苦しい展開。
f0083292_19424591.jpg
広い尾根のブナ林になると山頂はもうすぐだ。  
 注2 苦しくてもう少しでグレてしまう所でした。

登り3時間半程度で山頂に着くと
遠くは霞んでいるものの一大パノラマが待っていました。




平標
f0083292_19534599.jpg


日白山と奥には谷川
f0083292_19553179.jpg



苗場スキー場の筍山
f0083292_19562447.jpg



ひと目で分かる苗場山
f0083292_19585261.jpg




霞んで見えた守門

f0083292_19593015.jpg

山頂から車をデポした貝掛温泉入り口まで標高差800mの滑走。
急斜面で固く波打った斜面に手こずり満足な滑りは出来ず (^_^;) 注3もう少しで不良になる所でした。



f0083292_20123007.jpg

 

f0083292_20124483.jpg



カッ飛びお姉さんたち
f0083292_20421634.jpg



f0083292_20125695.jpg
苦しいけど
楽しいツアーになりました。 注4 ひどい肩こり中です。

皆様お世話になりました。お礼申し上げます。

[PR]

by henatyokooyazi | 2015-03-22 20:33 | テレマークスキー | Comments(2)
Commented at 2015-03-26 16:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by henatyokooyazi at 2015-03-26 19:08
山で会えたらさん。 コメント有難う御座います。

この歳にしてはロングルートなので山頂まで行けるか心配しています。
以前安達太良山に登った時、エビの尻尾が溶けその後凍ってまるでガラス細工のような光景が鉄山まで続いていた時が有りました。 もう一度見てみたいと思っていますが果たして。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 角田山      凍てつく >>