へなちょこ写真館

iino.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 23日

福井の滝

嫌な感は当たってしまった。
滝には直射日光が当たっていて写真には適さない。
タミルは数枚撮しただけで、ベンチに座って、滝を眺めていた。
親爺は貧乏性なので、あちこちと角度を変えたり、滝見台に登ったりしてアクセクとしていた。

落差60m 幅20mの大きな滝だ。
何処かで、凄さと同時に静けさも感じていた。
しかし不思議な事に全く見飽きがしない。
時間が経つにつれ気がついた。どれだけの時間をかけて、この姿になったのだろうか。そしてどのように変化して行くのであろうかと。
とてつもなく長い時間を共有していたような気がした。
「青山は運歩する」のである。

福井県でただ一つ「日本の滝百選」に選ばれている「龍双ヶ滝」(りゅうそうがたき)はとっておきの名瀑だ。

龍双ヶ滝 落差60m 幅20m 分岐爆 撮影:タミル
f0083292_20554515.jpg


晴れていると虹が架かる事もあるけど、強い日差しでカツラの木の陰ができてしまった。
f0083292_2212175.jpg




家族連れが多く水遊びに来ていた。V字谷になっていて日が当たらずとても涼しい。
近づいて行くと武士らしい像が建っていた。
佐々木小次郎が秘剣「燕かへし」をあみ出した滝と説明してあった。

足利義昭がしばしば訪れたという一乗滝。 落差12m 幅2m
f0083292_20554844.jpg

[PR]

by henatyokooyazi | 2013-07-23 21:40 | 滝 渓流 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 白山スーパー林道の滝      木山沢不動滝 >>