2013年 05月 28日

鍋倉山BC

鍋倉山で今シーズン最後の滑りをしてきました。
西の沢左岸を少し登り、斜度が急になった所で、沢に降り右岸に渡る。沢は所々割れていた。
そのまま黒倉山と鍋倉山とのコルを目指すつもりでいたけど、直接鍋倉山の山頂を目指す事にした。
登るにつれ斜度は増してくる。雪が堅くキックしても拇指球手前くらいしか入らない。
場所によっては、アイスバーンが現れる。

f0083292_2034939.jpg


f0083292_20343280.jpg

雪面は汚れと、ブナの花や折れた枝が散らばっていて賑やかだ。

気がつくと、帽子のつばの先から汗が雨だれのように落ちていた。

奥が黒倉山、手前奥が鍋倉山。 稜線の先は新潟県。
f0083292_20373465.jpg



山頂に着くと、何処かで見たウエアー、何と3月17日に、ここでお会いした長野のHさんと再会。
これにはビックリした。 前日、白馬槍温泉まで行って来たとの事。タフだな~。
f0083292_20412525.jpg


今日の相棒は、BIG FOOT。長さ62cm。3ピンのビンデイングが付いている。
サイドカーブがきつく食いつきは良い。
f0083292_20393371.jpg


さて、この板を使いショートターンで真っ直ぐフォールライン沿いに滑るはずだった。

スプーンカットまでは行かないうねりを一つ一つ拾い、板が暴れる始末。
枝を踏むとツルリと滑るし、後ろ足も上手く踏めず、転けまくった。
少し降ると、雪も少し柔らかくなって滑りやすくなって来た。

Hさんはミドルターンでスムーズに滑っていた。

最後は藪こぎを少しして、道路に出た。
駐車場でHさんと長話をし、来期一緒に滑る事を約束して帰路についた。
[PR]

by henatyokooyazi | 2013-05-28 21:12 | テレマークスキー | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 徘徊 白馬界隈      冬期閉鎖 >>