へなちょこ写真館

iino.exblog.jp
ブログトップ
2013年 03月 17日

思わぬ落とし穴。 鍋倉山バックカントリー

野沢温泉の標識が見えると右奥に鍋倉山がみえてくる。 今シーズン初めて晴れた。
f0083292_18332023.jpg



一登りすると鍋倉小舎に着く、10度もあり暑い。
f0083292_2083172.jpg




今回の登りのルートは、いつも降りに使うコースを登ってみた。急登の連続で大変だ。

おまけに、えげつないほどロッカーしている板なため先端部分のグリップが無い。少し急になるとズルズルと

滑り落ちる。ストックで落ちないように力を入れると、雪が柔らかいためこれまたズルット滑ってしまう。

少し小股出歩きジグを多めに切る。 写真を写しながら(休みながら)登ると、急斜面はやっと終わった。

もう帰ろうかと思った(笑い)

新雪のラッセルばかりしていて、全く問題なかったのに困ったな。スキーアイゼンでも買うしか無いのかな。
板が太くなりシールの幅も広くなったので大丈夫と思っていたら、落とし穴が待ち構えていた。
f0083292_20111518.jpg


こんなに曲がったブナが有ったりする。いつ来てもここは楽しい場所だ。
f0083292_202407.jpg



東からの尾根と合流する所に、シールを付けている方がいた。長野市から来られたhさんだ。

山頂から滑ってきて、登り返すとの事。 この後hさんと終始ご一緒させて頂いた。
f0083292_20252667.jpg



山頂は強い風が吹いていて寒い。 妙高山と火打がよく見える。
f0083292_20283877.jpg


関田山塊。 寒いので写真を写すとすぐに下山することにして、滑り出した。

前日1cm程の雪が降ったようだ。気持ちよく滑り出すと、突然ブレーキが掛かる。

これを妖怪板つかみと言う人がいる。気温が上がったせいで、水分が増えて板と密着してしまう現象だ。
f0083292_20295577.jpg

ブレーキが掛かりっぱなしならまだ良いが、突然すっと加速したりする。見た目では全く分からない。

そんなわけで数回転げ回って鍋倉小舎に着く。 振り返るとシュプール(もしかして死語)が見えた。
f0083292_20395071.jpg


長野のhさん。とても好青年でした。お陰でとても楽しく過ごせました。 またお会いしましょう。
f0083292_2041254.jpg

[PR]

by henatyokooyazi | 2013-03-17 20:54 | テレマークスキー | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 春を先取りしてきました。 石神...      お祝い >>