へなちょこ写真館

iino.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 09日

今シーズン最後のBCはギリギリセーフ

5月20日。今シーズン最後のBCは、関越国際スキー場の上にある下祝沢、(通常裏守門と呼ばれている)
を標高950mまで登った。

雪渓のあちらこちらに穴が開いて水が流れているいる。
登るにつれ斜度がきつくなり、キックターンも出来なくなってきた。 
f0083292_1234476.jpg


とりあえず小さな滝があるところまで行ってみた。
f0083292_1313223.jpg


少し降って小さな支尾根の末端の斜度が緩やかになっている場所に荷物をデポ。
板を持ってキックステップで、短いリフト一本分を登ると、沢は二本に分かれ斜度はさらに急になる。

さらに登ろうとすると、足下から水が流れている大きな音が聞こえてきた。
あと標高差で150m、距離400mで守門の主稜に出る事ができるが、ここから上は無理と判断。

f0083292_13222465.jpg


短いリフト一本分を5回登り返して滑る。

f0083292_13255640.jpg

振り向くと越後三山周辺の山々がよく見えた。
フキノトウを沢山積んで、タミルからふき味噌と天ぷらを作ってもらうと、春の香りがした。
[PR]

by henatyokooyazi | 2012-06-09 13:36 | テレマークスキー | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 再び小国へ      いろいろないろ >>