へなちょこ写真館

iino.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 30日

ブナといふ 生きかた

関田峠付近にて。
撮影:タミル
f0083292_19362430.jpg


f0083292_19362153.jpg


f0083292_19362028.jpg


f0083292_19362556.jpg



撮影:へなちょこ親爺
f0083292_19362933.jpg


f0083292_1936306.jpg


f0083292_19363348.jpg


f0083292_19363575.jpg


f0083292_1937155.jpg


f0083292_19395829.jpg



[PR]

by henatyokooyazi | 2011-05-30 19:47 | 風景 | Comments(3)
Commented by DNQ at 2011-05-31 07:59 x
4枚目、静寂に包まれた残雪の中で、力強く周りの雪を吸い上げて、
芽吹くブナの生命力を感じます。
冷気の中でモヤッている景色は、単独行の山の中で自分の足音しか聞こえないような山の空気そのものです。
XYLが好きな、明るい日差しに透けて見える若葉の色とは違いますね。って書くと少しキザなコメントかな???
Commented by けんちゃ at 2011-05-31 20:10 x
よい雰囲気の写真ですね。見ていて解りやすいです。
関田峠は数回通過したことがあります。いつも夏ばかりでした。
光ガ原高原の牧場の端、多分急斜面が崖だと思いますが、雲が勢いよく湧いてきて非常にダイナミックな風景だと思ったことがあります。
ブナ林は美人林を思わせますね、雪が少し少なかったね。
Commented by henatyokooyazi at 2011-05-31 21:43
コメントありがとう御座います。
電球さん>
晴天の時みるブナの美しさも健康的で綺麗だと思いますが、あえて不健康な親爺のようなブナを写しに出かけました。
キザというより、詩人のようです。

けんちゃさん>
日本海からの風で雲が作られ易い場所みたいです。
関田峠の北東に牧峠という場所があります。ここも300~400歳のブナが沢山あるんです。こちらは殆ど車もこなくて良い場所です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 霧のブナ林      外れた天気予報と外れたチゴユリ >>