へなちょこ写真館

iino.exblog.jp
ブログトップ
2010年 05月 24日

小国徘徊 その2

旭又滝付近まで奥に入ると 道路脇に雪がまだ大量に残っている。
先ほどまで、少し蒸し気味だったが、車から降りると冷たい風が吹いていた。
f0083292_21101355.jpg


f0083292_21132557.jpg


飯豊山荘手前の橋からまず上流を
f0083292_21135497.jpg


下流側。飯豊連邦から流れ出る水は綺麗だ。
f0083292_2114673.jpg


飯豊山荘から先は車両進入禁止。温身平に向けて歩き出す。
道の脇には、イチリンソウ、キクザキイチゲ、イワウチワ、水芭蕉、ヒトリシズカ、タチツボスミレなどが咲き誇っている。
f0083292_21173724.jpg


温身平はブナの宝庫だ。
f0083292_21202350.jpg


ブナの新芽。
雪の中から枝を伸ばしているが、上空は大きなブナで覆われているので、長生きは出来ないでしょう。
過酷な生存競争中なのです。

風が強く揺れていた。ISO1600まで上げてシャッタースピードを稼ぎ、ISと、AIサーボで手持ち撮影。
一昔前だと、諦めた状況も手持ちで撮影出来てしまう。 背景の白は雪です。
f0083292_21215398.jpg


f0083292_21274590.jpg


これは何の新芽でしょうか、花も咲いている。
f0083292_212852.jpg


スノーブリッジ。青空だともっと面白い構図にできるが、今日は曇り。白い曇り空を入れると、そこから力が
抜けて行く。
f0083292_21291862.jpg

この先1時間ちょい歩くと、石転び沢の出会いに出る。 石転び沢を登ると北股岳へと続く。
最後は45度近い壁が待っていますよ。
[PR]

by henatyokooyazi | 2010-05-24 21:50 | 風景 | Comments(5)
Commented by けんちゃ at 2010-05-25 23:38 x
いい景色ですねー。同じ徘徊でも私とは段違いにすばらしい写真ばかりです。
沢の残雪を見ると燧ヶ岳登山を思い出します。尾瀬歩きのつづきに登ったとき残雪や倒木が多く、トレッキングシューズが滑ってなおさら疲労が大きく感じました。そのうえ眼下に見えるはずの尾瀬ヶ原、至仏山、越後駒ヶ岳...なーんにも見えませんでした。幸い落ちるような所は無かったので滑るように降りてきました。全身濡れて。
Commented by DNQ(電球) at 2010-05-26 13:39 x
6枚目、ブナの新緑が良いですね。東京都檜原村の三頭山(みとうさん)でも、見上げるブナにさす光で透き通る若葉は疲れを癒します。(山で言えばここまで着てよかったと・・・。)今年は、休みが合わなくて、恒例のGWの家族ハイキングは出来ませんでした。
8枚目は、トレイルなのでしょうね。残雪で、人が足を踏み入れていないトレイルも、雨で削られた低いところに吹き溜まりの雪が残雪として、今も残っている。しかも冬の木枯らしに舞い上がった落ち葉がたくさん見える光景は、春先の風物詩でしょうか?スノーブリッジも良いですね。
たいぶ奥まで登っていかれたのでしょうか?
Commented by へなちょこ親爺 at 2010-05-26 21:05 x
コメント有り難うございます。
燧ヶ岳も良い山ですね。秋に一回と数年前、山スキーで行きました。
この時は何故かバテバテになりました。そうだ、風邪気味だったんです。


ブナ林の新緑は大好きです。まだ根本に雪が残っている頃が最高
ですね。 タミルの調子があまり良くなかった事もあり、そんなに奥ま
では行っていません。
スノーブリッジは下に入ると崩れてきそうで、嫌なものです。
上を歩くのはもっと嫌ですが。
Commented by あくあ at 2010-05-27 01:51 x
冬との交代を待ちきれない春が押し寄せてる場所みたいに思いました。
山の間の雪は、白い川のようですね、でもほんとの川の、とても綺麗な水の色、瑠璃色ですね。

赤い花も咲いているあの新芽は、たぶん、ハウチワカエデの開き始めた葉っぱです。
もう少し早い時期には、天使の翼のように見えます。
Commented by へなちょこ親爺 at 2010-05-27 21:06 x
あくあさん。こんばんは。
ハウチワカエデ「でしたか。天使の翼どのようなのか見てみたいです。
たぶん山登りをしていた頃、目に入っているはずですが、カメラ持たないと通りすぎるだけ。
ここの水の色は大好きです。 紅葉の時期も良いですよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< キリ番      小国徘徊 その1 >>