へなちょこ写真館

iino.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 07日

称名滝、岩室の滝

先週行けなかった富山の称名滝は、落差350mと日本一の落差を誇る。
実はすぐ隣りにハンノキ滝が落差497m有るが、雪解け時や大雨が降った後でないと姿を消す為、日本一
になれない滝である。 やはり、迫力は満点だ。爆風が強く寒くなってきた。飛沫も100m以上の長さで飛んでくる。また、称名川もエメラルドグリーンの綺麗な川だ。 標高は1065mとGPSが表示していた。
駐車場から1.3kmを標高差130mを歩くと滝見台に着く。

動画をアップしてみました。こちらからどうぞ。 以前いった十二滝はこちら

f0083292_2018815.jpg


左が称名滝、右がハンノキ滝。構図を決め、C-PLフィルターを拭いて、すかさずシャターを切ったが飛沫が写り込んでいた。
f0083292_20182549.jpg


せっかくのエメレルドグリーンも飛沫でかすんでいる。
f0083292_20183895.jpg


f0083292_20184917.jpg


ハンノキ滝のアップ。真上に太陽がある。
f0083292_2021658.jpg


悪城の壁と呼ばれる場所。高さ500m、幅2kmにわたって続く。氷河期に氷河で削られたり、称名川の浸食作用によって約十万年の歳月をかけて作られたとされているようです。
またこの上部の台地には立山黒部アルペンルートの弥陀ヶ原台地が広がっています。
途中の電光掲示板には、室堂は霧、温度6度と表示してあった。
f0083292_20265374.jpg

この後、岩峅寺にある立山博物館に向かう。
岩峅寺はその昔、立山参拝登山の基地で、一夏で7000人が訪れたそうだ。
2皆の展示室に劔岳山頂で発見された、錫杖頭と20cm程の長さの剣が展示されていた。作られたのは、平安時代末期から、室町時代前半とはっきり分からないようだ。
立山曼荼羅という独特の世界観を持ち、姥尊、女人禁制の立山で女性たちの為の、布橋灌頂会など、岩峅寺は、まるでミステリーゾーンのように思えた。

続いて岩室の滝に行ってみた。
日が差し込んでいて、条件は良くない。 タミルはドアンダーにして切り抜けた。
f0083292_20563284.jpg


f0083292_2059845.jpg


f0083292_213115.jpg

[PR]

by henatyokooyazi | 2009-07-07 21:05 | 滝 渓流 | Comments(12)
Commented by けんちゃ at 2009-07-08 00:19 x
これは見事な滝ですね。私はバスの中からしか観たことがありません。さすが命知らずのへなちょこ親爺さんならではの一枚ですね。
岩室の滝はどの辺りにあるんでしょ?絹の衣を纏った女神いやタミルさんみたい。
Commented by kimiccho at 2009-07-08 00:53
こんばんは。
インパクトありますね!
行きたくなってきましたーー
断崖絶壁も魅力的です。

これだけ飛沫がすごいと
撮影が大変ですね^^;
Commented by DNQ at 2009-07-08 11:57 x
念願果たせて良かったですね。
立山博物館にも行かれたみたいだし、落差350mとは大きいですね。
称名滝は段爆でしょうか?レンズに付いた水滴が一層迫力を
出していますね。
同じような段爆で御岳山の西側に三ツ釜の滝って言うのを
見つけました。
七代の滝の裏側に位置します。
結構林道を入るみたいですが、今度覗きに行ってみたいと
思います。
Commented by よっちゃん at 2009-07-08 19:56 x
すごい迫力!みごとに写してるね。

迫力が伝わってくるよ。行きたかったな~。

今度連れて行ってね。

Commented by henatyokooyazi at 2009-07-08 20:14
皆様コメント有り難うございます。

けんちゃさん> 岩室の滝は立山インターから5キロほどの虫谷地区の虫谷川にかかっています。Pから5分程で滝見台に着きます。

kimicchoさん>今までけんちゃさんと同じくアルペンルートのバスで見ただけでした。
落差350mは、伊達じゃありませんね。本当はハンノキ滝の水量が多い時に行きたかったのですが、飛沫で写真など写せるの?って疑問に思いました。

電球さん>お陰様で念願果たせました。博物館は、思った通り撮影禁止でした。称名滝は段爆で、標高1400m付近から流れ落ち一段目の高さ70m、二段目58m、三段目96m、四段目126mだそうです。
四段目だけで、直爆日本一といわれる那智の滝に匹敵するそうです。
三ツ釜の滝大変そうですが、是非見せて下さい。

よったんさん>今度熱出さないでね-
Commented by けんちゃ at 2009-07-08 22:17 x
henatyokooyaziさん<リクエストが多いようなので私もスキー..ではなかった滝に連れてって!

全国滝mapを作ってあるのでしょうか?高名な滝は知っていても岩室の滝(私には無名)は新潟市に有るかと思いました。(^_^;)
Commented by へなちょこ親爺 at 2009-07-08 23:17 x
けんちゃさん。こんばんは
滝は山渓で出している日本の滝(2巻)や、県別の滝の本を取り寄せたり
もちろん検索したりして、有る程度範囲を決めて出かけます。
そうそう、岩室の滝がどうして富山にって思いました。

滝に行く時はたいてい前日の夜10時ころに決めています。
体調や、天候で行く先が変わるからです。 いい滝に出会えると1~2時間もその場にいたりします。 称名滝で観光客が滝見台で滝をみて1分もしないで帰って行きました。30分歩いてきて勿体ないとおもいました。

機会をみてお誘いいたします。 繊細な滝が好きな方や、豪快な滝を好む方と色々ですが、それぞれ味わいが違ってどちらも好きです。

 
Commented by スッテンマーク at 2009-07-10 22:10 x
コメント後れました。パソコンが不調で、やっと復帰。
良い写真が撮れましたね。
念願だった博物館の展示物が無いところを見ると、撮影禁止ですね。

悪城の壁付近に八郎坂は見あたりませんでしたか。
Commented by へなちょこ親爺 at 2009-07-11 11:32 x
こういう場所は、殆ど撮影禁止ですね。でも、カメラを肩にぶれ下げ、ISOを3200にしてレンズキャップを外し、臨戦態勢(笑い)で館内に入りました。

2皆に展示してあったのですが、上に錫杖頭、少し下に剣、その下に説明文があって、老眼鏡をとりだして、読んでいたら、ガラスに、女子職員のがいつの間にか映っていました。斜め後ろにじっと立ったままで。
親爺を監視しているのは間違いないようすでいた。

テ・キ・ナ・ガ・ラ・ア・ッ・パ・レ と手旗信号で伝えてかった。(笑い)
この件についてメールします。

八郎坂ありましたよ。滝の少し手前に橋が架かっていて、すぐ急登が始まります。木で登山道はよく見えなかったけど、つづら折れの道とはいっても角度を考えると手強そう。

昔、日帰りバスを利用して、雄山に数人案内した時、何も無いところにバス停が有って、誰が乗り降りするのと不思議でした。その後、八郎坂の存在を知り、なるほどと思いました。

大日岳の登山口もありました。こちらも距離が長そうで、体力が落ちた今はもう上れないでしょうね。
Commented by DNQ at 2009-07-11 17:22 x
称名滝と十二滝の動画見ました。やはり、迫力ありますね。
聞こえる音が涼を呼びますね。写真のレンズ付着の水滴うなずけます。
Commented by へなちょこ親爺 at 2009-07-11 21:33 x
電球さん。こんばんは。
動画見て頂いて有り難うございました。
バカなので、滝は縦構図が多いので縦で動画を写し、どうして滝が横に
流れるんだ! と思ってしまいました。 
縦の映画って無いって気づくのに時間が必要でした。 
Commented by スッテンマーク at 2009-07-11 21:40 x
動画追加されていたんですね、拝見しました。動画も良いものです。
でも縦はいけませんね。(笑い)
メールありがとう。手旗信号の件、思わず笑ってしまいました。
有名な八郎坂登ってみたいですね。 涼しくなったら。

なに弱気な事言ってるんですか。早月尾根日帰りした方でしょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 戸隠森林植物園      捩花 >>