2009年 03月 17日

忘れていました

タミルが飯山の正受庵で見つけた福寿草。
正受庵は大好きな場所で、よっちゃんに見せたくて寄り道しました。
まだ、雪囲いがそのままで、写真は写せず。 福寿草が日をいっぱい受けて咲いていました。

正受庵について少しだけ説明を。記憶違いも有りそうな予感がします。

正受老人は名を慧端(えたん)といい、正式には、道鏡恵端禅師で、松代藩主真田信之の子と
言われています。
正受老人は臨済宗「至道無難禅師」の弟子で、飯山藩主松平公が北信随一の寺院建立の寄進
を申し出たとき、「出家は三衣一鉢で事足れり」といって断り、代わりに水石と七株の栂を拝領しました。

白隠蹴落坂(はくいんけおとしのさか) が有名で、
白隠禅師が正受庵を初めて訪れた際、白隠の慢心を見抜いた慧端が白隠を蹴落としたと伝えられています。
正受老人は、白隠禅師の師とも言われていますが、実際滞在した日数は少なかったと記憶しています。
まあ、日数など関係ない世界でしょう。正受老人の法を継いだ白隠禅師は、後に臨済宗中興の祖といわれるようになりました。

座死
    末後一句  死急難道
    無言言言  不道不道


八十歳の時にこの句を残して、この世を辞されたそうです。


撮影:タミル
f0083292_1957474.jpg

[PR]

by henatyokooyazi | 2009-03-17 20:29 | | Comments(5)
Commented by DNQ at 2009-03-17 23:04 x
福寿草、花弁のハイライトが夏のひまわり、ソフィアローレンの映画『ひまわり』を思わせるくらいにいい色ですね。

自宅のパソコンは17インチですがCRTで見ています。14.1インチのノートと仕事先の12インチノートはテキストではいいですが、写真はCRTの色が一番良いみたいです。と言っても、けんちゃさんの話ではないですが、プリンタ同様ディスプレイもメーカーごとで色の出方が違うのでしょうが・・・。
Commented by へなちょこ親爺 at 2009-03-18 20:26 x
ソフィアローレンの映画『ひまわり』か、歳がばれちゃうよ。

ディスプレーもプリンターでも、同じ機種でも個体差が有りますね。
また、Macに比べWindowsは色管理に対して後れています。
以下の場所がおもしろいです。

http://miyahan.com/me/report/computer/070125_WUXGA_LCD/ColorManagement.html

Commented by DNQ at 2009-03-18 23:20 x
面白い情報有り難うございます。
あくあさんにも大体の年齢はばれているようです。
儀平ろんのおじに『2009かたくりの開花情報』が有りますが、
アクセス地図の中の三本榎交差点近くに住んでおります。
って書くと完璧バレバレですね。

へなちょこ親爺さんはMAC派?DOSV派?
一番下の子が東経大時代に大学見学があったのですが、
その時に、学生のパソコン教室と別にMACの教室が有って
興味があったのですが、そこにあったのは、少し古いMACでした。
PC9801から流れがDOSVかなって簡単に決めたのがいけな
かったかな。お医者さんは学会のデータがMACベースで出され
るようで、MACでしたね。やはりWINDOWSは色管理が遅れて
いるようですね。
Commented by へなちょこ親爺 at 2009-03-20 11:48 x
DOSV派です。MACはさわった事すらありません。
どう動かすのかも、当然分かりません。
DOSは自作出来る事と、フリーソフトが豊富なところが気に入って
います。
Commented by DNQ at 2009-03-20 13:10 x
DOSからWINDOWSに変わるとき、アイコン操作はMACの真似とか聞いた事があります。このパソコンも自作機ですが、N88-BASICのPC-9801の時代も懐かしいですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 塩沢宿ひな雪見かざり      豪商の館 >>