2016年 07月 26日

乙女の滝




名前とは裏腹に岩がゴツゴツとしていたので、男性的な滝を狙ってみました。
落差10m。直瀑。
那須高原の観光名所になっているようで、多くの方が訪れていました。



[PR]

# by henatyokooyazi | 2016-07-26 21:14 | 滝 渓流 | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 24日

駒止の滝



那須岳山中の北温泉近くの余笹川かかる駒止の滝。ひっそりと落ちていました
落差20m。標高1000m。

駐車場近くに,立派な滝見台がありました。
探したけど滝つぼに降りる道(非公認含む)は無いみたい。
晴れていると滝壺は,コバルトブルーになるようです。

win10にアップしたら、PSの色がおかしくなりました。
時間が無くそのまま放置していますが、プリントの際は困りますね。




[PR]

# by henatyokooyazi | 2016-07-24 21:01 | 滝 渓流 | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 12日

菩提寺山 248m

石油の里から登りました。小さなアップダウンを繰り返し、奥へ奥へという感じ。
登山口付近には、幾つも石油を掘った櫓が保存されています。




f0083292_20595959.jpg

一時間程で山頂着。暑くて汗びっしょり。



東方向だけ展望が得られました。


山頂からは、登りには使いたくない急な階段で、一気に高度を落とし、白玉の滝経由で下山しました。



途中にある臍清水。ミズが沢山ありました。

朝飯を忘れたので、腹ぺこのまま帰宅。

Geographicでトラックを採ってみました。
ガーミンのGPSより使い勝手は良さそうですが、信頼性は?なので使い込む必要がありそうです。






[PR]

# by henatyokooyazi | 2016-06-12 21:12 | | Trackback | Comments(2)
2016年 05月 19日

オトナの遠足

f0083292_21203402.jpg


落差63mを誇る玉簾の滝。 直瀑で迫力満点。
なのですが、天気良すぎで全く面白く無く。やはり雨の日が良さそう。


ニリンソウが沢山咲いていました。



鳥海山がキレイに見えていたので、湯の台まで上がってみました。
除雪終了点には20台程の車が止まっていて、皆山スキーのようです。
滝の小屋を目指し、テクテクと歩きました。


30分程登りましたが、斜面を延々と横切っている道路を見たら意欲がなくなり、即撤退です。
この道路歩きが長いせいで、他の登山口より登山客は少ないようです。




鶴間池。紅葉の名所で、秋に訪れたい場所です。





訳あって場所はヒミツ。





[PR]

# by henatyokooyazi | 2016-05-19 21:41 | 滝 渓流 | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 11日

青田南葉山 949.1m


南葉高原キャンプ場から、木落し坂コースに進み、明神沢コースで下山の予定。
広々としたキャンプ場で、気持ちがよろしい。
大きいロッジやバンガローが立ち並んでいた。




登山道に入ると、シラネアオイ、カタクリ、ショウジョウバカマ、イワカガミ、スミレ、タムシバなどが沢山咲いていて、まさに花の山だ。


なだらかな登りは、四合目からは一気に変わり急登となる。
大汗をかきながら登っていると、ガサガサガサと藪の奥から音が聞こえ、一瞬緊張したけど、山菜取りだった。
六合目で力水を頂く。冷たくて美味い。




七合目を右に入ると見晴らし台だ。霞んでいて、見通しはきかない。

七合目を過ぎると、緩やかな登りになったけど、残雪が現れた。


藪をかき分けて進む。


こんな場所にもマークが有った。


山頂には誰もおらず、独り占め。

眺望は南側だけで、木々の向こうに妙高山、火打山、大毛無山が見えた。 木が生い茂ると見えなくなりそうだ。





山頂で30分程過ごしたら寒くなって来て下山開始。
ウッカリ登って来た道に進んでしまった。
引き返すのも面倒なので、そのまま木落コースで帰る事にする。
続々と登山者が登って来て、山頂は大賑わいに違いない。








[PR]

# by henatyokooyazi | 2016-05-11 22:00 | | Trackback | Comments(0)